【特撮アラフィーZ とは】
アメブロ「特撮アラフィー」(2013~)を
『特撮アラフィーZ』と改め2018年10月より移籍しました。
個人的好き嫌いも書く、わがままブログなので人によっては閲覧注意…?です(笑)

今はレジェンダリーモンスターバースシリーズが主ですが、余力あればウルトラやその他もやりたい気持ちはあります。

00

まさにこのような戦いが繰り広げられるのでしょうか。

彫刻家 エミリアーノ・カルデロン 
Emiliano Calderon さん
ご自身のインスタグラム@huellacolecciones. に掲載した、
コングがゴジラをヘッドロックする
『ゴジラvs.コング』のイメージキットです。

43

12



画像をアプリで着色してみました。

45


今年公開される映画内で視覚化される可能性が高いシーンではないでしょうか。

 





33


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、
バミューダ近海の海底にあるゴジラの隠れ家
─映画内では海底深くのため、光の加減などで殆ど見えませんが、
発売された映画の特典ディスクでは、
空間の特殊効果や物の質感のレイヤーが
外されて、海底都市の状況が明らかにされています。 

その中で気になった幾つかのシーンを紹介します。

27

画像 : 特典ディスク内
『モナークの行動
─The Undersea Lair 海底の隠れ家』 

解説 : 同特典内や他のインタビュー・海外資料より組み合わせ 

14

マイケル・ドハティ監督:
「ゴジラが海に戻ったらどこに行くのか、
60年以上の歴史でそれを描ける、
初めてのいい機会だと思いました」

「(ゴジラの休む)海底都市は、日本の与那国島に実在するミステリアスな海底遺跡が基になっています。
これを、ゴジラと初めて接触をもった文明として描くアイデアが気に入りました」

「ゴジラのための神殿として人間が作った場所です」

02

海の奥深く、流れ着いた古代からの船舶などの残骸が無数にある、
海底に沈み、廃墟となった巨大都市。

25

映画内で特殊効果で見えにくいシーンは、
このようになっています。

地上が天然の放射能と熱で満ち、
巨大生物が我が物顔で暴れ回っていたとされた、2億7000万年前のペルム紀と同じように、
永続的に放射能が充満し、ゴジラがエネルギーを得ることが出来る隠れ家。 

遺跡は古代エジプトやローマ時代よりもさらに古くからのものだそうです。

46
11

04

48
22

23

そこには様々なタイタンの面を型どった神々の彫刻像が見られ、

11
26

ゴジラと対するギドラや
モスラ、ラドンの姿が

24
38
29

ギドラたちを廃し、タイタンの頂点に君臨するゴジラを人類が崇めているように見えます。


これらは過去の出来事を記したのか、
未来の預言を記したのか─


後の時代に
ゴジラと深い関わりを持つようになる日本
(広島の原爆の影響で現代に目覚めた設定)の
片仮名文字と非常に類似した
「ゴジラ」と読める記号が記された壁画も
あります。 

19
35



33
50

地球の内部より放射能が放出されている
王座へ通じる階段の下に立つ像も
特殊効果のレイヤーを外すとタイタンの立像だと判ります。

18
35

26
41
15

14
26

30

爆発の中心(拡大画像左側)に、
横たわるゴジラの姿。


39
54
11

24


04
05

神殿の周囲には、
人々の住んでいた街があり、
ゴジラを王として、タイタンと人類が共存していた証しです。

他のタイタンの姿も─

47

56
11
35

このタイタンについては─



このレンタル版にはない特典映像ディスクは、
他にも日本公式が映画を楽しむ情報として
特に取り上げなかった
様々なモンスターバース、当作品世界の魅力が詰まっています。








23

まるでオリジナル動画流出のような
ゴジラvsコングのワンシーン再現ファンメイド! 

2019年09月18~20日
ロシア サンクトペテルブルグでの
『キノエキスポ-XXI国際コンベンション&展示会』、

そして12月8日
ブラジル サンパウロでの
『CCXP(Comic Con Experience)2019』で公開されたゴジラvsコングのワンシーン映像を
ファンのMethlokaijufan97 さんが
クリアなCGIレンダリングで再現しました! 


こちらで以前、別記事でちらりと画像を紹介したのですが、ナゼかその後意外にも日本国内で取り上げられてなさそうなので、改めてキチンとご紹介します。


02
26
35
02
58
46
36
23
20
04
38

先のCCXP2019会場のスクリーン撮影での
ぼやけた映像をそのままクリーンにしたかのような素晴らしい映像。
これをはじめ、あるYouTubeでコピーされたモノを観た時、オリジナルの漏洩かとドッキリしました(笑)

※ 実際、THE FIRST LOOKなどと
誤解を招くタイトルを付けてコピペしてる
ユーチューバーもおられます。。。
(ノд<)


しかし、これだけ再現出来るとはスゴいです。








  

↑このページのトップヘ