ゴジラの寺院の守役のように…
スタッフのゴジラシリーズへの愛を感じます。

19

北米発売の『Godzilla: king of the monsters 』
デジタル版より

38


46

19

A clearer version of the familiar skeleton near #Godzilla's temple, from the「Godzilla: King of the Monsters」bonus feature "The Undersea Lair"! It looks like #Anguirus, but due to international copyright law, it is not.
 
「ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスター」特典映像「海底の隠れ家」から、
ゴジラの寺院の近くにあるおなじみのスケルトンのより明確なバージョン!  
アンギラスのように見えますが、国際著作権法により、そうではありません。

20

11

芹沢博士による、ゴジラ復活のための地下神殿内での爆発が海底に届く瞬間のシーン。
タイタンの骨はこの後、爆発に飲み込まれます。

画像を重ねてみました。



アンギラスの出現は
モナークのタイムラインに記載の
1959年  シベリアに建造されていたモナークの巨大収容施設】で、

44


49

1959年に公開された
『ゴジラの逆襲』アメリカ編集版
『Godzilla Raids Again』
の公開年とシベリア出身という設定に絡めた暗示で、当初登場企画があったそうですが、最終的に見送られ、 

東宝とは怪獣1体ずつの契約方式で、
今回はゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンの4体とし、
作品では微妙にデザインを変えた
アンギラスのように見えるタイタンの骨
しています。