2019年04月

IMG_20190430_184957764

「は?
ゴジラ以外も書く気あるの? 
このブログ! ∑(`□´/)/ 
─なんて言われそうですが。。。

後で別記事で書きますが本日、とある(自称)取材で
広島市西区にあるショッピング モール 
『アルパーク』の
シネコン『109シネマズ広島』さんに行ってきました。(てか、外観画像なしかよ)

いやぁ、この辺訪れるの何年ぶり?
前はこんなのなかったよな?
─2009年に出来たんだそうです。

なんせ初めてに近いんで、
原付バイクではあちこち道路横断が難しく、
停まってグーグルマップで調べてグルグル回りやっと到着。

んで、映画館へ通じるエレベーターに乗って
目に入ったのが…

IMG_20190430_172007327

─の右下♪

なんと、昨日は 『ウルトラマンR/B』の 
カツ兄(カツにい)と イサ兄(イサにい)が
来てたのか!

てか、アサヒちゃんは来なかったのか?←番組見れてないんですが、
ネタで言ってみました(笑)

あと、3日の日にはジードとゼロも!!

なかなかウルトラ関係充実してます。
てか、一番ビックリしたのが、シネコン
ロビーの一画に静かに…


IMG_20190430_172236228

お子さんも いる教官、
なにやってんスか!?(爆)

IMG_20190430_172317692


カラータイマー禿げてる…
まさかここ撫でると御利益あるとかで?
(テキトーいってますwww )

横から見ると─

IMG_20190430_172432715

背中埋まってて、
横から見ると炭素冷却された “あの人” 
思い出しました…

IMG_20190430_184051701

ハン・ソロ 
 「オレも早く解かしてくれ」

ランド・カルリシアン
「大丈夫だ。完璧な冬眠状態
だからな」 


─とまあ、田舎もんで初めて来たんで、目にするものなんでもビックリでした
(いや、ハン・ソロはいません念のため)。

んで、何しに来たのかって?

それは次の記事に─今日中になるか、
日をまたぐか果たして。。。









今度の2019ゴジラは
先の2014より巨大化!

レジェンダリー モンスターバースシリーズの
ゴジラは、
108メートルから 
119.8メートルに

11.8メートルスケールアップ
したそうです。

25

大ざっぱですが、こんな感じ?


ブログにコメントをいただいている方から
教えていただいた情報で、出所を確認していたところ、
最近Twitterで共有された日本の出版物らしく

(後日、東宝の劇場で配布してる無料パンフレットだと分かりました。
パンフの詳細は
http://tokuz.blog.jp/archives/17153191.html)

少し後に海外情報で拡散され始めたのを見つけました。


IMG_20190427_222843437



 
─あ、ただ今、今度ゴジラと戦うべく 
髑髏島でトレーニングに励んでいる、
当時31.6mの
コングさんから映像が届きました!
現地から中継つなぎます。

コングさぁん?


IMG_20190428_073200526

─ただ今、ちょぉっと立て込んでいるみたいです。




また同じ出版物には、モスラやラドン、ギドラについても記載があるようです。

 
 モスラ:15.8メートル

IMG_20190427_222938789




 ラドン:46.9メートル

IMG_20190427_223022781



 ギドラ:158.8メートル 

IMG_20190427_223115897


まあ、幾ら大きくなってもいいです。
映画ではその巨大感が充分表現出来て、観る側を楽しませてくれますから♪








ベアー・マクリアリー作曲の
『GODZILLA: KotM 』オリジナルサントラに
アメリカのハードロック・バンド、
ブルー・オイスター・カルト(Blue Oyster Cult)が 1977年に発表した曲
「GODZILLA」のカバーが収録。 

39
 カバーするサージ・タンキアン。





この曲、バンドのリード・ギタリスト
ドナルド・ローザーが 
『ゴジラ』第一作(アメリカ編集版)をモチーフとして作詞・作曲。

ライブで演奏の際は、冒頭に足音や鳴き声SEを使ったり、 
ステージにゴジラのディスプレイを配したり、ボーカルが途中で 

『臨時ニュースをモウシアゲマス!臨時ニュースをモウシアゲマス!
ゴジラが銀座方面ニ向カッテオリマス、
大至急避難シテクダサイ!』

といった片言アナウンスが入るなど、



我々日本人からすれば、
キワモノのお遊び的懐メロの一種としか
感じらないかもしれませんが、

この曲の歌詞─今回のサントラで
何度も繰り返される部分に、
映画のテーマにつながる部分が、
記されています


History shows again and  again

 (歴史はいくども繰り返し見せる)


How nature points out the folly of man

 (大自然は人類が如何に愚かなのかを示す)


GODZILLA !





サントラでは、
この歌詞の部分が繰り返され、
そしてゴジラの咆哮で曲が終わります。 





日本の上映では、この部分の歌詞が表示されるでしょうか…

詩の意味を知る事によって、映画の味わいが変わるかもしれません。









53

ベアー・マクリアリー作曲の
オリジナルサントラから、まずは
 Old Rivals という曲が公開されました。

東京コミコンで聴かれたドンピャとはまだ違います。
しかし、ブラスセクションで響き渡るお馴染みのフレーズは…♪♪♪



ソイャソイャ! ソレ!ソレ!(笑)

(可能な範囲で) ヘッドホン等大きな音で
1度はお聴きになることをお薦めします。








ファイナルと銘打たれた 
 『ゴジラ2(Godzilla: King of the Monsters)』のトレーラーが公開されました。

全体的にブラッシュアップされ、
さらに合成が加わることにより、
これまで不鮮明な所がハッキリ、状況が分かるようになっています。
後々、画像と解説を付加して行きます。



40
58

11

49

これまでも匂わせられていましたが、
マディソン(ミリー・ボビー・ブラウン)と、
モスラそしてゴジラの意識?が
シンクロしているように感じられる描写が
このトレーラーでもいくつかあります。


24
46
58
04

それが逆に、
ギドラが彼女を付け狙うかのように
感じさせられる理由にも繋がるのではないか、と。


14

20
26
35
58
02
53
45

35
49
38
33

芹沢猪四郎 博士(渡辺 謙)
準備するこれこそが、
オキシジェン・デストロイヤーか?


24
18

18
04
51

38
26
18
19

22
13

動かぬモンスターより動くモンスター。
巨体と巨体の肉弾戦。


07
09
50

まさかのゴジラ?


44
28

12

23

51

35

27
16
59
39
47






↑このページのトップヘ