2019年12月

40

全く予約も事前確認もせず、
本日、日本版発売日に地元大手書店出向いて、
無事ゲット出来ました!♥

23

実は待ちきれず、先月に友人経由で
ネットで海外版購入(写真右側)
─取り合えず手に入るヤツ買ったら
イタリア版?だったという(爆)

57

でも英語オリジナル当然入ってるので問題なしwww (←テキトーな性格)


12

今回、特典としてついたクリアファイル。
自分は、とにかく映画そのものを楽しみたいクチなので、フィギュアとかこうした付録は興味ない野郎です。

でも、あえて一言言わせて!!

34

今さらな絵柄で特典とか…
なめてんだろ東宝?
(あくまで個人の感想です)




【今回購入の中味(ハード面)】 

開けてビックリ玉手箱www 

49

ショーケンが全部持ってった(爆)

イヤイヤ、ショーケンは好きですし、重箱の隅を突っつく…と言われるでしょうけど、
こうした商品生産の仕事やボランティアを
したことのある身として言わせてください。

夢を売る仕事してるヤツが
夢壊すんかいッ!と。

03

このチラシ、開けば─

反対側(写真下段の右側)の
まんがゴジラやちびゴジラ等の商品面をオモテに出来るので…
そうした気配りの無いアッセンブリ
(商品生産の組み立て工程)だなと。

もちろん!製造工程を受け持つ会社が問題なのではなく、
発注元の映画会社が最終確認してない・もしくは見ても心が動かないんじゃないかと。 
(個人の妄想です)




12

【今回購入の中味(ソフト面)】
ディスクは2枚あります。

《本編ディスク Blu-ray》

本編132分+特典/2層(BD50G)/1080p High Definition シネスコサイズ

音声:(1)英語(オリジナル)
    ドルビーアトモス
   (2)日本語吹替5.1chドルビーTrueHD
   (3)オーディオコメンタリー
    2.0chドルビーTrueHD
   (4)バリアフリー日本語音声ガイド
    2.0chドルビーTrueHD
字幕:(1)日本語字幕
   (2)日本語吹替用字幕
   (3)オーディオコメンタリー用字幕
   (4)バリアフリー日本語字幕 


《特典ディスク Blu-ray》

114分/片面1層 
字幕:日本語字幕

●モンスターズ101
ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ紹介映像集
●怪獣たちの進化
造形、特性、鳴き声に至るまで、監督&造形アーティストがこだわった怪獣たちのディテールを徹底解剖
●モナークの行動
復活した神話上の怪獣たち。その重要な初登場シーンをプレビズ、メイキング映像を交えて解説
●ミリー・ボビー・ブラウン
監督、キャストが語るミリーの魅力
●モンスター・テック
物語の鍵を握るオルカをはじめ、本編に登場するメカニック・テクノロジー解説
●リアル・オブ・モンスターズ
人類にとっての怪獣とは? 怪獣に込められたメタファーを、監督、作家、学者らが様々な観点から語る
●モンスターバースの世界
本作に登場した怪獣たちやコング、超巨大生物が生存する世界を紹介
●未公開映像
●北米版劇場予告
●コンセプトアート(静止画)

─オリジナル版と同じ

つまり、このBlu-ray2枚組には、
完全数量限定生産4枚組にあった以下の日本独自の内容は入ってません。
(まあこれも自分としては、あまり魅力に思わない内容なので特に問題ないかと。。。)

●ゴジラ キング・オブ・モンスタートイズ
65周年を迎えたゴジラシリーズ。みんなに愛された歴代のゴジラ玩具を、関係者のインタビューなど貴重な映像を交えて紹介
●イベント映像集
ワールドプレミア in HollyWood
ジャパンスペシャルスクリーニング ブルーカーペットイベント
ジャパンプレミア試写会舞台挨拶
初日舞台挨拶
東宝スタジオ ゴジラツアー
●オフィシャル・インタビュー
渡辺謙、マイケル・ドハティ監督、
日本語吹替キャスト(田中圭、木村佳乃、芦田愛菜) 
 

─と、グダグタ書きましたが
さて、これからいよいよ視聴です。
劇場での感動を再び♥

そして、先に記事にした色々な謎の日本語翻訳問題…
まだまだあるのに書けてないんですが、これで確認しながら残りについても、
徐々にしたためていきたいと思います。












19

『ゴジラvsコング』の映画音楽担当は、 
公式や、その筋からの情報では、まだ発表・公表されていません…

─にもかかわらず、
ある大手オンラインサービスを活用すると、
とある一人の音楽家の名前が
現れるのであったのだったッッッ!www 


─真面目に書くと、
Googleが検索サービスで映画名を検索すると
表示される独自の作品情報欄
それで表示される『ゴジラvsコング』の概要欄を見ると…

32

お分かりいただけただろうか。。。

上の画像で、下から2番目に
音楽 : マイケル・ジアッチーノ
と─

だがしかし!

繰り返しますが
『ゴジラvsコング』の映画音楽担当は、 
公式や、その筋からの情報では、まだ発表・公表されていません…
 
にもかかわらず、コレは?www 

なおこの記載は日本がテキトーに書いたんではなく、
アメリカのGoogle本家直々のやらかし?
のようです…

26

上の画像、下から3番目にホレ!www 

さすが、一流企業でありながら情報元企業の公式発表すっ飛ばす、
世界規模アメリカ多国籍テクノロジー企業(爆)
─もっとも、この書き込みに対して
ファンの間では今のところ話題になってなさそうです。。。

はたして真相は?


※ ところで上の紹介欄(日本版・アメリカ版共に)
この記事をしたためた2019年12月17日閲覧・スクショ画像なんですが、
映画公開日がどちらも来年3月11日になってますねぇ。

─はたして真相は???www 




マイケル・ジアッチーノ(ジアッキーノ)氏
アメリカ合衆国の作曲家。

55

当初は家庭用や、アーケードゲームの音楽作曲を中心としていた方で、
映画音楽として有名なものは

『ミッション:インポッシブル3』(2006)
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)

『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)
『SUPER8/スーパーエイト』(2011)
『ドクター・ストレンジ』(2016)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)
『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)
『猿の惑星: 聖戦記』(2017) 

『スター・トレック』 (2009)
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)
『スター・トレック BEYOND』(2016)

『ジュラシック・ワールド』 (2015)
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)

『Mr.インクレディブル』 (2004)
『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)
『カーズ2』(2011)
『ズートピア』(2016)   等々…

なお、氏は2014年の
レジェンダリー『GODZILLA』の音楽を担当、
とウワサされた事もありました。

38

今回、このGoogle情報を補足する他の情報は
現在見当たらないので
真偽のほどは分かりません。

しかし!
個人的にはGoogleだからこそ、
眉唾モノの考えが捨てきれません。

というのも以前、
『Godzilla : king of the monsters』公開前の2017年に、
自前ポスターデザインを製作し、
前『特撮アラフィー!!』(無印)で公開したのですが、

気がつけばGoogle日本版の 
『キング・オブ・モンスターズ』情報欄トップや
音楽担当ベアー・マクリアリー氏の作品紹介欄に、映画ビジュアルとして
長期に渡り掲示されていたという。。。
(この時はGoogleのこのシステムが解らず、
海外検索までは確認していませんでしたが…) 

15

もちろん、使用に対してお手紙とか
お菓子詰め合わせとかは、いただいておりません(笑)

しかし、天下のGoogle様が
こうした紹介欄で掲載するなんて、公式モノかと誤解されかねないでしょコレ!(ウレシくないと言えばウソになりますけど…w)


なので、Googleの情報収集能力および常識理解力には
個人的に疑問を持っています(笑)

はたして今回の記載は─?

公式発表が楽しみです。










ELTY_8oXsAAKRuN

先のCCXP2019で公開されたゴジラvsコングのワンシーン。
会場のスクリーン撮影のため、ぼやけた映像を
Twitterユーザーの@NeoUltimo 氏が描き起こしました。
素晴らしいイラストをありがとうございます。


イメージが伝わり安いよう、
いくつかのスクショのスクリーン傾きを修整したものと比較してみました。

55
ELTY_8oXsAAKRuN
44
00

ぼかして見ると、雰囲気が似かよってきます。


ELTY_8oXsAAKRuN

これを見ても両者の身長差について、

前記事コメント欄で「通りすがりの亀さん」がおっしゃってくださったように、ゴジラの膝が曲がって、
シッポも地に固定して踏ん張っているように感じます。








34

ブラジル サンパウロのコンベンション・センターで、開催された『CCXP(Comic Con Experience)2019』 にて設けられた
『ワーナーブラザース2020』で、
来年のワーナー作品ラインナップ紹介の一部として ゴジラvsコングの動画が紹介されました。

22

各作品同様、割り振られた時間は1分にも満たないもので、
腕を振り上げるコングのアップと、以前ロシアで公開されたと思われる
『ゴジラとコングは航空母艦上で戦っている』(本当に船上で闘っている!?) カットのようです。

25
39
59



これらについて、続報があれば随時別記事で載せたいと思います。











映画の一場面にウソ字幕を付け、大人気となったMADシリーズ。
早速GVK公開延期が取り上げられ、
駄々をこねる総統が可笑しいのと、同情出来て笑ったので
出来るだけキチンとかつ雰囲気で前半だけ訳して翻訳字幕を当ててみました。 
 
(動画は英語字幕です)


57
37
05
30
43

いつもながら、「シュタイナー言ってたー」な総統w

02

画質を上げると、皆の目配せや額の汗の様子が分かり、
総統の反応に緊張している様子が、この場合逆に可笑しさを醸し出します。

54
02
23
50
48
46
28
00
23
55
07
57
02
35
00
39
55

マーベルのETERNALS(エターナルズ 邦題未定)』は2020年11月6日に米国公開予定です。

13

GVK延期はつかんでなかったものの、  
マーベルや
2020年11月25日公開予定の
ディズニーオリジナルアニメ
『Raya&The Last Dragon(ラーヤ&ザ・ラスト・ドラゴン 邦題未定)』の動向は
個人的にも知っていた模様www 

21
21
55
57

─結局、早く観たいだけ?(笑)

22
07
18
47

待てないだけで台無しとか…

はたして
ブラジル サンパウロのコンベンション・センターで開催の
『CCXP(Comic Con Experience)2019』
情報で、総統の心は晴れるでしょうか?





↑このページのトップヘ