詳細不明な部分がまだあり、後々加筆するかもですが、

イベント用に提示されたらしい
『ゴジラvsコング』のコンセプト画像が、
新たなゴジラの姿を示しているのでは?と、ファンの間で話題となっています。

2020-02-20-11-41-02 (2)

これがその画像で、撮影された詳細は不明ですが、画像下部のディスプレイのようなものから、展示会場でのパネルを撮影したもののようです。
Bank of China Tower
(中国銀行タワー) 本店ビルらしき建物が描かれていて、最終決戦地の香港のようです。

パネルは全体の一部分であり、全体─特に
ゴジラのアトミックブレスが上方を向いている事から、何を狙っているのか?も気になりますが、


53

このゴジラのセビレの状態について、あるファンの推測では、
大きさと形状からセビレがミレニアムゴジラ─特に『東京SOS』等のミレゴジ的変化を遂げるのではないか? という推察。

13


また、あくまでコンセプト画像であり、以前の玩具バレでも存在しなかったので、映画では、こうならないのでは? 等と話題になっていますが、

もうひとつ別の見解があって、それは当ブログでも取り上げましたが
これまで公開されている公式画像は、ゴジラのセビレ部分が何らかの状態で隠されていて、コングのヒゲの時と同様に何かの秘密があるのではないかという疑問─


f14fb19e

それに類似した他のGvk公式画像と比較しての推測─

04
08

セビレからのトゲもしくはクリスタル的変化があるのではないか?
というものです。


2020年2月22日(土)〜25日(火)
に開催されるニューヨーク・トイフェアにて、何か公開されるのではないか、と期待するファンもおられます。