カテゴリ: UFO・UMA

ゴジラ前哨基地にちらつく
核と超常現象系ネタwww

29

世界各地にひそかに建造されていた、
モナーク Outpost : 前哨基地

テロリストに拉致された元妻と娘救出の
ため、モナークと行動を共にした
マーク・ラッセルが案内されたのは…

IMG_20190703_145434804

外観は石油プラットホーム。
しかしそれこそ─

22

CASTLE BPAVO
MONARCH OUTPOST 54, BERMUDA

キャッスル・ブラボー 
モナーク第54前哨基地(前進基地)、
バミューダ

このシーンの表記で
「来たァ!!」
ニンマリした、オレ♪ 


しかしこの日本語字幕、一般では比較的
前哨基地で知られるOutpost翻訳が
映画では…

【映画 字幕版表現】
説明字幕 : 前進基地 
セリフ字幕 : 地域名などに差し替え 

【映画 吹替版表現】
説明字幕 : 字幕版と同じ 
吹替えセリフ : アウトポスト

【パンフレット表現】: 前進基地 

─と、同じ映画なのに不統一感が(笑)



さて話しを戻して、

4954
47

着陸許可を受け、ゲートより降下する
バミューダ
キャッスル・ブラボー モナーク第54前哨基地(前進基地)

IMG_20190703_150208782
11



海底深くにある内部では─

IMG_20190703_170717970

バイオ音響設備により、
ゴジラのバイタルを測定し、
追跡・監視することが可能。

IMG_20190703_170819730
IMG_20190703_170851168
IMG_20190703_170928119

襲撃に備えメーサー砲も装備された、
モナーク最新鋭の水中施設。

godzilla-king-monsters-concept-art-7

28

内部に展示されているムートーの頭は、
2014年ゴジラとの戦いで「死の接吻」を受けた雌ムートーのもの

『ゴジラ:KOTM』オフィシャルノベライゼーションによれば、
施設内部には2014年サンフランシスコでゴジラと死闘を繰り広げた上記雌ムートーの他に、雄ムートーや、その後同年に
ゴジラと戦ったムートー・プライム(タイタヌス地震蟲)の死骸が解剖され保管されているという。 


そして、昨年末にブログに書いたが、 
ラドンの第56前哨基地
モスラの第61前哨基地、それぞれの基地ナンバーが、

IMG_20190704_213918636

日本のオリジナル映画の公開年─
『空の大怪獣ラドン』(1956)
『モスラ』(1961)をリスペクトしたものだと。

それに基づき、この
キャッスル・ブラボー モナーク第54前哨基地といえば、
初代『ゴジラ』の映画公開年1954年の事だという訳で…

もちろんそれもあるけど
他にもこの前哨基地、
様々な意味合いが込められていて楽しかったので、
それを1つずつ深堀りしてみます。


■ 「キャッスル・ブラボー」
 
まず、基地の名称
「キャッスル・ブラボー」 と云えば、
アメリカで現実に行われた核実験の事
 
IMG_20190703_180218290

単なる「へぇ~そうなんだ!」で終わらせたくないので、ある程度明確に記しますが、

キャッスル・ブラボーとは
アメリカ合衆国が1946~1958年の間、
マーシャル諸島ビキニ環礁で計67回行った核実験の内、
1954年3月1日に行われた 
最も大きな威力のもので、
広島型原子爆弾約1,000個分の爆弾を爆発させたものでした。

49

その威力は凄まじく、 
計画で見積もったよりも多大な爆発力があったため、予想より広範囲に死の灰が拡散。
原子力汚染の原因になり、マーシャル諸島何百人もの住民が被爆。 

当時アメリカが設定していた危険水域の外で操業していた数百〜千隻の漁船が、
多量の死の灰で被曝し、 
日本の遠洋漁船「第五福竜丸」も船員23名が被爆するという痛ましい事故がありました。

IMG_20190703_180259227
46

この出来事が、東宝が制作した映画
『ゴジラ』(1954)第一作の発案の基となり、
映画は同年11月に公開されました。

IMG_20190703_180528155

「ゴジラ」劇中で “栄光丸” という漁船が、突如白熱光に包まれ消息不明に─

水爆で被爆し、水爆そのものであるかの様なゴジラによって引き起こされた事件だという、この描写は
キャッスル・ブラボーで被爆した
“第五福竜丸”事件が下敷きとなっています。

IMG_20190703_180338770


なお、このレジェンダリー、
モンスターバース・シリーズのゴジラは、
1945年広島への原爆投下に
より、近海に眠る太古の
巨大生物ゴジラが目覚めたと、原爆投下が多大な影響を与えたと
日本とゴジラの明確な関係を示し、

モナーク芹沢猪四郎博士の父で、
モナーク創設者のひとり
芹沢英二も被爆したと。
 


前作(2014)では、核攻撃でゴジラたちを葬り去ろうとするステンツ提督に、

IMG_20190703_200315033

芹沢が、父の形見の懐中時計を通して、
広島の原爆の悲劇を示すエピソードがあります。



この様々なものが破壊された
広島原爆投下からの 
芹沢博士とゴジラの歩みの始まり…

芹沢の望みは
この破壊の歴史に終止符を討つため
であり、
その為のモナーク、その為のタイタンとの共存であり

その博士が
ギドラによる地球の破滅を食い止めるため、自分の道を変えられてしまった原爆で
瀕死のゴジラに生命を(ある意味自分の命を)与える事になるとは…

芹沢自身の最後の言葉─

24
14

「さらば… 友よ」 

─共に原爆からの道を歩んできた
ゴジラへの思いがこの台詞には込められ、
それを語りかけるには、彼自身の心からの言葉(母国語)が自然である─との
演者 : 渡辺 謙 氏の気持ちが込められていたと思われます。




話しを戻して─

また、このモンスターバース・シリーズでは、先の1946年から始まった
ビキニ環礁での核実験は、
実は政府によるゴジラ殲滅のための攻撃だったという設定が盛り込まれ、

こうしたゴジラ映画の背景を詳しく知らない
アメリカ人にとっても、ストーリーの端々に折り込まれた設定、キャッスル・ブラボーという名称などから、
今も続いている原爆問題をたどる事が出来るきっかけが示されています。

─表面上、見かけの派手さに見落としがちではあり、国の違いによる捉え方の差はありますが、
ゴジラと切り離せない核兵器問題について、
現代のアメリカが、この映画にて
近年の日本産のゴジラ映画よりは
扱いを薄めず取り上げているなと思いました。




─と、さてずいぶんカタい話しを続けちゃいましたが、
今や日本自身がホンワカホニャララにしちゃったゴジラの設定に、
アメリカがこんだけホンキ出してくれたんで、自分も敬意を払ってシッカリ書いてみたかったワケで。。。

でも同時に


忘れちゃいけない、
これは娯楽映画♪♪♪

オレの中二病を刺激したのは
もっとカンタンな…↓これ!




■「バミューダ」 

バミューダ?─ちょっと待ってw

オレらの世代でバミューダといえば、
パンツよりもトライアングル♪
(バカ)


そう、バミューダ・トライアングルとは!

29

♪ちゃららーちゃらち…
あ、まちがえた(爆)(爆)(爆)


バミューダ・トライアングル
(Bermuda Triangle)とは─

33

フロリダ半島先端と、
大西洋のプエルトリコバミューダ諸島
結んだ三角形の海域

ここでは昔から船舶や飛行機、またその乗組員だけが消えてしまうという伝説・現実での出来事があり、

55

原因は次元の断層やUFOや
古代の謎のテクノロジーによって、異次元や宇宙に転移されたとか、 
地球空洞説によるシャンバラへ送り込まれたとか
悪天候や操縦・計器の確認ミスから海中深く沈んでしまっているとか

または事実の誤認・歪曲・誇張・創作によるものだという意見もありますが、 
超常現象に興味を持つ人々のあいだでは有名な場所。
「魔の三角地帯(または三角海域、三角水域)」とも呼ばれています。 

IMG_20190703_223822618

読んだなぁ↑この本♪


─ひょっとして映画製作者、このキーワードには
この超常現象ネタを意識してぶち込んできたのかな???と。

んで、もしやと大まかではあるが、
キャッスル・ブラボー モナーク第54前哨基地の地図に、↓

IMG_20190703_222238071

バミューダ・トライアングルの位置を当てはめてみれば…

説明


IMG_20190703_222329501

www 
なんかスゴい近い♪

また、劇中でゴジラの巣(家)が、激しい水流の出入り口で、

25
39

海底深く
古い時代の船舶が沈んで流されてきた描写とか、太古の神殿があるとか…

IMG_20190703_230509550
00

そこから太古の地球のエネルギー(放射能)が常に放出されており、

58
50

そのため海上でも、何らかの影響があるんじゃないか?─なんて想像が出来…

それで思い出したのが、
現実世界ではバミューダ・トライアングル─キューバの海岸近くの海底にて、古代の巨大都市と思われる遺跡を発見したという報道等があったり…

IMG_20190703_222546525

こうした過去に怪獣モノと共に超常現象モノにもワクワクしていた自分には、これら
現実・非現実のクロスオーバー的展開
「いいぞもっとやれ♪」と。

そしたら2017年頃?の
モナークのEYES ONLY 資料

IMG_20190703_222756513
IMG_20190703_224057325

まだ前哨基地の存在が明らかになる前の?
ものに
BERMUDA  TRIANGLE?
(バミューダ・トライアングルか?)
となんて、情報発信側の意図的記載が♪。。。

やはりバミューダ・トライアングルで、
ミスリードとか考えてたのでしょうか?
それに地球空洞説も加わって。。。

IMG_20190703_230057268

これを
スタントン博士がはしゃいで話し、
チェン博士がイライラして舌打ちする─という所まで見えてくるようです(笑)










IMG_20181021_205407220
来ましたねぇ~ワクワクしますねぇ~♪
山形で目撃の、この生命体?は果たして─

当方、特撮ブログですが、
以前アメブロの「アラフィー(無印)」でも、スクリューのガー助を取り上げたりと
この手の話しもやってきますんで。

さて、トップ画像は新聞ですが、
「3メートル宇宙人が山形に出現!?
目がソフトボール大の生命体」
という見出しの
東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

2018年10月21日 (日) 11時00分

から、今回のあらましをざっと見てみましょう。。。

それによると、事件は2018年10月4日夜、
Aさんと友人が山形県米沢市の山奥にある湖へ釣りに出かけた時の出来事だそうで、


「ガサッという音がしたから僕と友人が同時にライトを照らしたんです。20~30メートルほど先に、大型バイクぐらいの黒い塊の獣がうずくまっているようでした。クマだったら最悪だと思って、よく見ようとしたら、その黒い塊の前に、スリムでスラッとしており、長い2本の脚がある人っぽい後ろ姿のシルエットが出現したんです。全身が黒ずくめの感じでした。そいつが振り向いたら、ソフトボールほどの大きさの2つの目がキラッと光り、その目の位置は高さがゆうに2メートル以上ありました」と。

「僕も友人もあぜんとして、何秒か立ちすくみました。クマやカモシカなんかとは全然違う恐怖を本能的に感じて、友人と同時にダッシュで逃げました。車に乗り込もうとしたところ、ゆっくりこっちに向かってくるように見えたので、急いで車を発進して逃げました」


今回この目撃談について山口敏太郎氏
(日本の作家、ライター、オカルト研究家、超常現象研究家、漫画原作者。出版・映像制作・芸能マネジメント企業経営者。年齢 52歳) は、記事中でこう語っていると書かれています。

「3メートル近い長身、黒い体の色、そして人間離れした巨大な目から判断すると、1952年にアメリカ・ウエストバージニア州に現れた『フラットウッズ・モンスター』、日本名『3メートルの宇宙人』に似ているような気がします。もしこの『3メートルの宇宙人』が日本に現れたとするならば、大変興味深い事件です。幸いにも目撃者は30メートル近く離れており、逃げることに成功しましたが、至近距離だった場合、噴霧する毒ガスでダメージを受ける可能性がありました」

─いや山口氏、本当にそうおっしゃったのでしょうか?
日本での目撃者のAさんが先の話で
 「長い2本の脚(あし)」といってますが、
フラッドウッズでの目撃者のスケッチでは脚は確認されてないのに。。。

以上は、ネット記事からの引用です。




さて、ここで登場の
フラットウッズ・モンスター
(Flatwoods Monster)とは、

15

1952年に、アメリカ合衆国ウェストヴァージニア州ブラクストン郡フラットウッズの町で、
UFOとともに目撃されたといわれる有名な「宇宙人」、あるいは未確認生物の事。

日本では「3メートルの宇宙人」の名で知られています。


それは1952年9月12日の夕暮れ、
フラットウッズで、明るい物体が飛んできて丘の上に着陸するのを見た、エドワードとフレッドのメイ兄弟、その友人のトミー・ヘイヤー(13歳、12歳、10歳)が、
メイ兄弟の母親キャスリーン・メイ夫人に知らせ、
他の少年3人(ニール・ナンリー 14歳、ロニー・シェーヴァー 10歳、ユージーン・“ジーン”・レモン 17歳)と、レモンの愛犬を加えて、物体の着陸した丘へ向かった

24

するとそこで、直径約10フィート(3.05m)の火の玉のような物体と共に
物体の近くで二つの小さな光が輝いているのを目撃

58

それは10フィート(3.05m)の高さの生物のようで、
シューッと音を立て、浮上しながら近づいてきた
一行はパニックになって逃げ出し、丘を駆け下りた…


IMG_20181021_211319553

当時、少年たちの描いたイラストがこれ。



この事件は、たちまちウワサとなり、

9月19日にはニューヨークのテレビショー「We The People」でUFO特集が組まれ、メイ夫人も出演、


 IMG_20181021_205716023
証言がスタッフによって記録され、


IMG_20181021_211244781
それを元に、有名なモンスターのイラストが作成されました。 


IMG_20181021_205551828
イラストを持つメイ夫人。


IMG_20181021_205445329
新聞でも取り上げられ(9月23日)



IMG_20181021_205633408
そして超常現象研究家のグレイ・ベイカー氏がイラストと現場写真をコラージュ
そのインパクト大により、
全世界に拡散されたのが上の画像です。
ここで見られるものに、脚の存在は確認されていません。


しかしその後、
1990年、ジャーナリストでイラストレーターのフランク・C・フェシーノJr.氏が現地を訪れ、目撃者らにインタビューし、
確認したところ、
それまで取り上げられていなかった幾つかの事や、
モンスターの体長が従来言われていた10フィート(約3m)どころではなく、 12フィート(約3.6m)はあったという事や、
地面から約45㎝浮いて滑る様に移動した事、 胴体が金属質だったらしい事などが判明。 


その後、1995年にフレッド・メイが丹念に記憶をたどり描いたイラストも、

IMG_20181021_211419337
先の証言と同じものであり、 


2002年9月に開催された 
「フラットウッズ・モンスター50周年記念フェスティバル」の際、 
当時の目撃証言から改めて描かれた怪物の想像図は、

IMG_20181021_211538813

IMG_20181021_211630711
ロボット兵器の様なものだったという事が分かってきました。

同じく脚の存在は確認されていません。


14

27

全体像は、有名になったテレビ局作成のイラストと
だいぶ違う雰囲気ですが、
逆に記事のはじめの方に掲載した、
当時子供たちの描いたイラストに通じるものがあるのではないでしょうか。。。



なお、前述の山口敏太郎氏も、この新たなイラストについてはご存知のようで、
少なくともブログ主が知るところでは2014年に、その話題についてネット記事に記しており、
脚の問題もさることながら、
それがなぜ今回の報道で例の有名・インパクトのある旧画像の使用を許可?しているのでしょうか。。。

氏自身の扱う情報の真実性に、疑問を持たれ兼ねない問題だとも思うのですが。

─自分はそちらについて心配してしまいました。。。


と、話しが反れましたが、今回の山形での事件、果たして何か興味深い続報は出てくるのでしょうか?

久々の大ネタに期待しております♪





↑このページのトップヘ