タグ:キングコング対ゴジラ

1月の「Hong Kong Toys & Games Fair 2020」(香港玩具展)でリークされた『ゴジラvsコング』のアクションフィギュアについて、
インスタグラム怪獣百科事典の 
GojiCenter(ゴジセンター)さんの興味深い
考察を翻訳掲載し、写真画像を並べてみます。


03

GojiCenter /タイタン情報拠点 @goji_center 
クールなシルエット画像による
インスタグラム怪獣百科事典。最新情報による推察分析画像に定評がある。
https://www.instagram.com/goji_center/

同画像プリントのTシャツ販売もある。
https://www.etsy.com/shop/GojiCenter 




ゴジラVSコング
メカゴジラが帰ってきた


35

数週間前、ソーシャルメディアで数枚の画像が掲載され、近日公開予定の映画「ゴジラvsコング」(2020)の新しい玩具フィギュアを紹介しました。 
以下は、これらの画像に登場した3つのゴジラのようなフィギュアです。 

最初のもの(注・画像左)は一般的に知られているゴジラです。これは2019年版のデザインと同じようです。 

(注・画像中)は機械化されたタイタンです。 この正体で、最も可能性が高いのはメカゴジラです。

メカゴジラに続いて、さらに興味深いフィギュアが登場します。(注・画像右)
このゴジラに取り付けられたように見える構造が何に使用されるかはまだ確認されていませんが、
このリークされた画像の拡大図では背中の
「トゲのようなもの」が、ゴジラのセビレを保護するためのものか、
ゴジラから発する放射能を利用する機構なのかもしれません。 

28

訳者注】
3番目のセビレが被われたモノの名称で、パッケージ台紙に「MEGA」と記載されているのが解ります。
拡大するほど不鮮明になりますが、上部画像と合わせて「MEGA GODZILLA」でしょうか?
 




ゴジラVSコング
洞察
 


07

これらのリークは、モンスターバースに機械化されたタイタンを追加するにはあまりにも「非現実的」であると主張する意見により、ファン層を二極化させたようです。 
あなたは新しいモンスターバース映画の、
この追加にまだワクワクしますか? 
それとも失望していますか? 




ゴジラVSコング
先の尖ったこん棒


24

さて、髑髏島のクリーチャーたちです。 
コングは興味深い武器を携えて戻って来ます。 
リークされた画像を詳しく見ると、コングが手に武器を持っていることがわかります。
フィギュアの右手をご覧ください。 
この武器の原始的素朴さは、コング自身がこれを作成したことを意味しています。 

コングは攻撃の際、周囲の物を利用する歴史があります。
コングは非常に知的なタイタンであり、ゴジラの厚い皮膚に穴を開けるために、そうした武器を作成出来たとしても驚くことではありません。 

07
                   
訳者注】
この前の記事も参照下さい。





ゴジラVSコング
髑髏島の他のクリーチャーたち


43

スカル・クローラーは「ゴジラvsコング」で復帰するかもしれません。 

リークされた画像をもう1度よく見ると、他のクリーチャーたちが映画に登場する可能性のある手がかりが得られます。 

かつての若いスカル・クローラー(注・画像左)の中には、
ラマラック(注・画像中)のサイズまで成長したモノ、あるいは、より大きく成長したモノもいるでしょう。 

訳者注】
Ramarak(ラマラック) 
スカル・クローラーの太祖ではないかと考えられていて、太古から生き続け、体長30m近くに成長した超大物。
コングの一族を喰い滅ぼした張本人でコングの宿敵。

映画では「The Big One (デカイやつ)」、
小説や “The Art and Making of Kong:Skull Island”では「スカル・デビル」と呼ばれています。


レジェンダリーが、“Ramarak the Skullcrawler” という名前と他のバリエーションを著作権で保護しており、
公式のメディアには掲載されてはいませんが、ファンの間でこの名が人気を呼び定着しています。
 



スカル・クローラーの横には、さらに興味を引く別のフィギュアが表示されています。(注・画像右)

これは、ヘビのような体を持ち、翼のあるクリーチャーのようです。 

画像は、このクリーチャーが何であるかについての明確な洞察を私たちに与えませんが、
新しい髑髏島に住まう動物群のひとつか、新たなタイタンかもしれません。 

41

訳者注】
シルエットがシノムラ(Titanus Shinomura)に似ているという他の意見もあります。

モンスターバース・シリーズ第一作
『GODZILLA ゴジラ』(2014)の数十年前を描いた劇画
『GODZILLA AWAKENING』(ゴジラ:アウェイクニング〈覚醒〉)に登場したクリーチャー。
英語での表記は“Shinomura”(シノムラ)。 後に“Titanus Shinomura”(タイタヌス・シノムラ/タイタン属シノムラ)と表記される。
モナークの芹沢英二(芹沢猪四郎博士の父)によって命名された。由来は日本語の「死の群れ(swarm of death)」だとされています。 

49









46

今年2020年1月6~9日、香港で行われた
玩具やゲームメーカーによる商品化計画博覧会
第46回「Hong Kong Toys & Games Fair 2020」(香港玩具展)

そこで展示された『ゴジラvsコング』のアクションフィギュアが、TwitterユーザーTalon Bray氏の投稿によって、たちまち全世界に拡散・ニュース媒体にまで取り上げられました。

IMG_20200107_223409

その画像にはいくつかの注目点があり、
メカゴジラらしきメカモンスターが話題ですが、今日はそれ以外のひとつに注目してみました。

07
                   
このコングのアクションフィギュア…
斧のようなものを持っているのでしょうか。
肩から胸当て?のようなものも見えます。


これに、ネットで公開されているDarktiger1991氏投稿によるあらすじバレ
ひとつを組み合わせると、コングの興味深いゴジラとの戦い方が見えるようです。

39

以下はDarktiger1991氏投稿の内容です。


Kong uses hand made tools on Skull Island to fight the other Titans.
(コングは他のタイタンと戦うために髑髏島で手作りの武器を使用しています。)
one being a stone axe that
he possibly based off the Iwi people's tools.
(1つはマオリ族の人々の武器に基づく石斧です。)

Other than that he throws stones like baseballs or tries to shove a transmission tower down Godzilla's throat during their Hong Kong battle.
(それ以外に、コングは野球のように石を投げたり、
香港での戦闘中に
ゴジラの喉に送電塔を突きつけようとします。)



48

前作『髑髏島~』でも大木を使い、
スカル・クローラーをバットばしたブッ飛ばしたコング。(←スミマセン)
今回も知恵と工夫で派手にいきそうです。



21

バレにある喉に突きつける行為で、
1962年の『キングコング対ゴジラ』での、
これを思い出しました。

そのオマージュ的…

34

こんな感じを期待してしまいます。


screenshot_6_19529 (1)

鉄はウマイぞバリバリ!


Godzilla-2000-godzilla-39997424-2048-1353 (1)

野菜(木)も食えバリバリ!


47

マグロェ…









19

いつもコメントをくださる 
まさるさんからの情報で(ありがとうございます)、
一般には出回ってない
『GODZILLA vs.KONG 』Tシャツ(スタッフ用ではないか?といわれる)情報です。

出所を色々調べていたのですが、
もうひとつ辿り着けなくて…
それでも分析すると楽しい周辺情報がいくつかまとまりを見せてきて、

現在11月公開と云われているトレーラー
(これについてはまた後日w)前の

追記9/25
後日、基記述先(海外)にアクセスしたところ、削除・閲覧不可になっており(爆)
当時文章コピペもしてなく、大失態しました。
現在記憶まとめと追跡中です。


にぎやかしとして、直ぐ掲載するつもりが
例によって情報収集の深みにハマってしまい(爆)
予定してたギドラネタを次に回して(オイッ‼)
こちらを取り上げてみようと思います。

海外の情報収集家? Ian Cassidy 
@IanCassidy18  さんによる
上記9月17日午後22:11のツイ
(理由が分かりませんが、最新では9月18日午後2:11になっています)の
画像を開こうと思ったら、上記の2種でワンセットのようで、

00

9月18日午前0:47に全体画像が…

そして

11

GORMARU
@OMEGAGORMARU
 さんの
9月17日早朝ツイートにも、同じ画像の掲載がありました。

05

上の画像、見ると
「TEAM KONG」という新品タグが付いています。

シャツの日本語文字が手書きっぽく、
濁点も記号入力で付けたっぽい形状─
明らかに海外製作のかぐわしさ満々(笑)

49

そしてイラストのゴジラとコング両者のあいだにそびえるのが、

地上より最頂部367m、  
中国南東部 香港 にそびえる
『中銀大廈』
─Bank of China Tower
(中国銀行タワー) 本店ビル 
のようです。
(タワー下のモナークのマークが入った建物は
別ビルと思われます)


もう一度、Tシャツ周辺を見直すと、

03

左袖に以前掲載した
2018年12月、ハワイ撮影現場でリークされた
スタッフキャップと思われるものと同じ「GvK」のロゴ があしらわれています。


そして右袖には不鮮明ですが

38

【LOS ANGELES】 (ロサンゼルス)
【HAWAII】 (ハワイ)
【AUSTRALIA】 (オーストラリア)
【QUEENLAND】?
(Queensland─オーストラリアのクイーンズランド州ゴールドコーストにある映画スタジオ 
Village Roadshow Studiosの事?)
【HONG KONG】(香港)

と、ロサンゼルスでの情報はありませんが、
それぞれ撮影が行われた場所が明記されているようです。
(ロサンゼルスは何処かのスタジオでの
モーションキャプチャーを含むプリプロダクションPre-production─撮影前の作業か何かでしょうか?)

09

そしてさらに、イラスト内のモナークビル?wに記載された【2020年5月】の文字
─ここも日本語表記されていて、
作品が日本に対して特別に敬意をはらってくださっているかのようで、ありがたく感じます。

これらを基に、映画製作進行をざっくり振り返る事が出来るようです。


☆2015年10月、レジェンダリーがワーナー・ブラザースと協作で2020年公開予定の
『Godzilla vs. Kong』製作発表。

☆2016年1月、中国の大連万達グループが
レジェンダリーを35億ドルで買収したことを発表。
☆5月、ワーナー・ブラザースが
『Godzilla vs. Kong』を2020年5月29日公開予定と発表。 

☆2017年5月、ワーナーが戦没将兵追悼記念日を避けるため、公開日を1週間早めて
2020年5月22日に決定と。 

2018年11月12日に
ハワイとオーストラリアで撮影開始。

2019年1月、オーストラリアの
クイーンズランド州ゴールドコーストにある
ビレッジロードショースタジオで
26週間に渡る撮影再開。 

同じ月、アダム・ウィンガード監督は
香港を最終的な撮影場所の1つとして明らかにし、
主要な撮影は終了したことを明らかに。 

☆2019年2月
米国公開を2ヶ月繰り上げ2020年3月と発表

☆2019年4月20日に本編撮影を終了、ポストプロダクション(編集やCGなどの仕上げ) に移行。
 

─といった流れの中、
Tシャツ内の日付は、公開日最後の繰り上げの前、
遅くとも2019年1月頃に準備されたものではないか?と推測してみました。


そして物語ですが、Ian Cassidy さんのツイートにこのような記載が─

Godzilla and Kong's first fight is in Honolulu, similar to 2014 but the roles are reversed; Kong makes his first appearance in this scene. #GodzillavsKong pic.twitter.com/WRIxsNWtGK
19:09 - 2019年9月18日
ゴジラとコングの最初の戦いは、2014年と同様にホノルルで行われますが、役割は逆転します。 コングはこのシーンに初めて登場します。  

ホノルルはオアフ島の南岸に位置する米国ハワイの州都、ハワイ諸島の玄関口。

22

2014年に続いて今度はゴジラが 
はじめに上陸、後を追ってコングが─
という流れになるのでしょうか?


こうして、全世界の表層下で少しずつ明らかにされる次回作の情報・そして静かに高まる期待…

一方、日本は…敬意をはらわれている日本は…?

さ~てェ
フィギュア付限定版もご好評につき予約終了させていただいてェ~
後はまず、残りの2枚組の方へ誘導して
年末向けての荒稼ぎ真っ最中♪?(爆)







IMG_20190629_003503892

俳優・タレント・司会者として、
そして東宝特撮黄金期にご活躍された
高島忠夫さんが、
6月26日、老衰のため亡くなられました。
88歳でした。
うつ病、パーキンソン病、心臓疾患…長きにわたり、多くの病と闘われてきました。

高島忠夫さんといえば、

IMG_20190628_232631931

『キングコング対ゴジラ』(1962)のテレビ局員・桜井修の陽気なキャラクターが
よくあげられますが、

自分がとても印象深いのは
『海底軍艦』(1963) でのカメラマン旗中進 役で、

海底軍艦 轟天号を建造した神宮寺大佐が、
生まれてからまだ一度も会ったことのなかった娘を紹介されても、使命一徹で、あたたかい眼差しを向けることもしない…

そのためはげしく傷付いた娘・真琴をおもんばかって

IMG_20190628_232744333

「せっかく訪ねてきた娘に
優しい言葉一つかけない
戦争きちがいとは話したくありません!」

と言い切り、

IMG_20190628_233256856

「海底軍艦は、きちがいに刃物です!
あなたは愛国心という錆び付いた鎧をつけている亡霊です」 

と、厳しいコトバを投げつける姿。
 

『フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)』(1965)での
「国際放射線医学研究所」職員・川地堅一郎 役で、
ボーエン博士や助手の戸上季子ら二人ほど
考えが楽観的でなく、現実主義者であり、

IMG_20190629_001331603

謎の浮浪児の特異性を前に、
人間であっても人間でないと早々断言し、
その正体がフランケンシュタインではないかと証明するため、単独で手首を切り落とそうとするが、
その前に酒を煽って、心の動揺を静めようとするなど、

IMG_20190628_233350082

23

ストーリー上の、単なるステレオタイプの悪人でなく、人間の強引さと弱さが共存する、味のある演技がとても心に残り、
映画をより一層
印象深いものにしてくださいました。

IMG_20190629_001353952



感謝と共にご冥福をお祈り致します。


IMG_20190629_003613214









↑このページのトップヘ