タグ:ゴジラ・キング・オブ・ザ・モンスターズ

33


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』、
バミューダ近海の海底にあるゴジラの隠れ家
─映画内では海底深くのため、光の加減などで殆ど見えませんが、
発売された映画の特典ディスクでは、
空間の特殊効果や物の質感のレイヤーが
外されて、海底都市の状況が明らかにされています。 

その中で気になった幾つかのシーンを紹介します。

27

画像 : 特典ディスク内
『モナークの行動
─The Undersea Lair 海底の隠れ家』 

解説 : 同特典内や他のインタビュー・海外資料より組み合わせ 

14

マイケル・ドハティ監督:
「ゴジラが海に戻ったらどこに行くのか、
60年以上の歴史でそれを描ける、
初めてのいい機会だと思いました」

「(ゴジラの休む)海底都市は、日本の与那国島に実在するミステリアスな海底遺跡が基になっています。
これを、ゴジラと初めて接触をもった文明として描くアイデアが気に入りました」

「ゴジラのための神殿として人間が作った場所です」

02

海の奥深く、流れ着いた古代からの船舶などの残骸が無数にある、
海底に沈み、廃墟となった巨大都市。

25

映画内で特殊効果で見えにくいシーンは、
このようになっています。

地上が天然の放射能と熱で満ち、
巨大生物が我が物顔で暴れ回っていたとされた、2億7000万年前のペルム紀と同じように、
永続的に放射能が充満し、ゴジラがエネルギーを得ることが出来る隠れ家。 

遺跡は古代エジプトやローマ時代よりもさらに古くからのものだそうです。

46
11

04

48
22

23

そこには様々なタイタンの面を型どった神々の彫刻像が見られ、

11
26

ゴジラと対するギドラや
モスラ、ラドンの姿が

24
38
29

ギドラたちを廃し、タイタンの頂点に君臨するゴジラを人類が崇めているように見えます。


これらは過去の出来事を記したのか、
未来の預言を記したのか─


後の時代に
ゴジラと深い関わりを持つようになる日本
(広島の原爆の影響で現代に目覚めた設定)の
片仮名文字と非常に類似した
「ゴジラ」と読める記号が記された壁画も
あります。 

19
35



33
50

地球の内部より放射能が放出されている
王座へ通じる階段の下に立つ像も
特殊効果のレイヤーを外すとタイタンの立像だと判ります。

18
35

26
41
15

14
26

30

爆発の中心(拡大画像左側)に、
横たわるゴジラの姿。


39
54
11

24


04
05

神殿の周囲には、
人々の住んでいた街があり、
ゴジラを王として、タイタンと人類が共存していた証しです。

他のタイタンの姿も─

47

56
11
35

このタイタンについては─



このレンタル版にはない特典映像ディスクは、
他にも日本公式が映画を楽しむ情報として
特に取り上げなかった
様々なモンスターバース、当作品世界の魅力が詰まっています。








40

全く予約も事前確認もせず、
本日、日本版発売日に地元大手書店出向いて、
無事ゲット出来ました!♥

23

実は待ちきれず、先月に友人経由で
ネットで海外版購入(写真右側)
─取り合えず手に入るヤツ買ったら
イタリア版?だったという(爆)

57

でも英語オリジナル当然入ってるので問題なしwww (←テキトーな性格)


12

今回、特典としてついたクリアファイル。
自分は、とにかく映画そのものを楽しみたいクチなので、フィギュアとかこうした付録は興味ない野郎です。

でも、あえて一言言わせて!!

34

今さらな絵柄で特典とか…
なめてんだろ東宝?
(あくまで個人の感想です)




【今回購入の中味(ハード面)】 

開けてビックリ玉手箱www 

49

ショーケンが全部持ってった(爆)

イヤイヤ、ショーケンは好きですし、重箱の隅を突っつく…と言われるでしょうけど、
こうした商品生産の仕事やボランティアを
したことのある身として言わせてください。

夢を売る仕事してるヤツが
夢壊すんかいッ!と。

03

このチラシ、開けば─

反対側(写真下段の右側)の
まんがゴジラやちびゴジラ等の商品面をオモテに出来るので…
そうした気配りの無いアッセンブリ
(商品生産の組み立て工程)だなと。

もちろん!製造工程を受け持つ会社が問題なのではなく、
発注元の映画会社が最終確認してない・もしくは見ても心が動かないんじゃないかと。 
(個人の妄想です)




12

【今回購入の中味(ソフト面)】
ディスクは2枚あります。

《本編ディスク Blu-ray》

本編132分+特典/2層(BD50G)/1080p High Definition シネスコサイズ

音声:(1)英語(オリジナル)
    ドルビーアトモス
   (2)日本語吹替5.1chドルビーTrueHD
   (3)オーディオコメンタリー
    2.0chドルビーTrueHD
   (4)バリアフリー日本語音声ガイド
    2.0chドルビーTrueHD
字幕:(1)日本語字幕
   (2)日本語吹替用字幕
   (3)オーディオコメンタリー用字幕
   (4)バリアフリー日本語字幕 


《特典ディスク Blu-ray》

114分/片面1層 
字幕:日本語字幕

●モンスターズ101
ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ紹介映像集
●怪獣たちの進化
造形、特性、鳴き声に至るまで、監督&造形アーティストがこだわった怪獣たちのディテールを徹底解剖
●モナークの行動
復活した神話上の怪獣たち。その重要な初登場シーンをプレビズ、メイキング映像を交えて解説
●ミリー・ボビー・ブラウン
監督、キャストが語るミリーの魅力
●モンスター・テック
物語の鍵を握るオルカをはじめ、本編に登場するメカニック・テクノロジー解説
●リアル・オブ・モンスターズ
人類にとっての怪獣とは? 怪獣に込められたメタファーを、監督、作家、学者らが様々な観点から語る
●モンスターバースの世界
本作に登場した怪獣たちやコング、超巨大生物が生存する世界を紹介
●未公開映像
●北米版劇場予告
●コンセプトアート(静止画)

─オリジナル版と同じ

つまり、このBlu-ray2枚組には、
完全数量限定生産4枚組にあった以下の日本独自の内容は入ってません。
(まあこれも自分としては、あまり魅力に思わない内容なので特に問題ないかと。。。)

●ゴジラ キング・オブ・モンスタートイズ
65周年を迎えたゴジラシリーズ。みんなに愛された歴代のゴジラ玩具を、関係者のインタビューなど貴重な映像を交えて紹介
●イベント映像集
ワールドプレミア in HollyWood
ジャパンスペシャルスクリーニング ブルーカーペットイベント
ジャパンプレミア試写会舞台挨拶
初日舞台挨拶
東宝スタジオ ゴジラツアー
●オフィシャル・インタビュー
渡辺謙、マイケル・ドハティ監督、
日本語吹替キャスト(田中圭、木村佳乃、芦田愛菜) 
 

─と、グダグタ書きましたが
さて、これからいよいよ視聴です。
劇場での感動を再び♥

そして、先に記事にした色々な謎の日本語翻訳問題…
まだまだあるのに書けてないんですが、これで確認しながら残りについても、
徐々にしたためていきたいと思います。











56
EIfw2MPUUAAs_xp

TJ ストーム 

「中島春雄さんは1954年の映画で
200ポンドもの重さのスーツを着た、
元祖ゴジラスーツアクターでした。 
今日、私は彼の素晴らしい娘さんである
中島園恵さんとお会いし、リラックスした時間を過ごすことができました。 
彼女を友人と呼ぶことが出来て光栄です。」

中島園恵さんは、初代ゴジラのスーツアクター、中島春雄さんの長女です。
中島さんの生前、お父さんを支えて国内そして全世界を訪れていました。
全世界のゴジラファンではよく知られたお方です。

3e65ee618fdb38e4231d914b541ae58b

レジェンダリーのゴジラシリーズで、モーション・キャプチャーによりゴジラを演じているT.J. ストーム(T J Storm) さんは、
先日11月3日に行われた、東京ミッドタウン日比谷でのゴジラ生誕65周年記念イベント「ゴジラ・フェス2019」に参加され、数々の出会いをTwitterとfacebookに掲載されましたが、その中のひとつに中島園恵さんとの出会いがありました。

ちなみに今回の彼のゴジラフェスの投稿Twitterとfacebookそれぞれで、一番いいねの数が多いのが、この園恵さんとの記事でした(11月7日午前2時過ぎ時点の記録) 。
 
全世界のゴジラファンの方々が、お二人の出会いを喜んでおられ、
ストームさんレジェンダリーゴジラと
中島さんオリジナルゴジラのつながりを祝福しておられるのは、自分にとってもとても嬉しく思います。


16

06







18

↑は、この8月に公開された
『ゴジラvs.コング』の
公式バナーですが─
※ バナー(BANNER)とは、
街頭等に飾られる映画宣伝用の幕・タペストリーの事です。

これ、公開された当初から
何でタイトルロゴの両端が欠けているんでしょう?…と。
(複製海賊版商品に対する牽制球なのか?)

そしたら最近、ある企業から
ロゴの部分だけの素材が公開されまして↓…

58

これがバナーを切り取った画像っぽいのに、
ロゴがギリ欠けてないッ!!

これを見たオレ
キラッとひらめいた♪
これ組み合わせたら、

11

バナーのノントリミングロゴ版出来んじゃね?www 」

─というコトでワクワク作ってみました♥

このロゴ素材は、アメリカ・香港を拠点にする大手玩具メーカー、プレイメイツ・トイズ社のPDFファイル上にある

37

投資家向けの来年のプレゼンテーション資料 (公開時期はバナーと同じ8月でしたが、
ネットで一般が知るところとなったのが最近)に掲載されていたものです。

さあて、いざ組んでみたら─「オヨ?」

27

バナー版とプレゼン版では
イラストとロゴの位置がズレてる!
(上画像はイラスト基準で位置を合わせてみたんですが─そしたらロゴ下の “ONE WILL FALL”というキャッチコピーがはみ出るコトが発覚www )

こういうのってデザイン業界では、最初にロゴとイラストを組み合わせたオリジナルバージョン(マスターとかマザーとか云う)を製作して、それを複製し、必要に応じてトリミングして色んな用途(宣伝とか商品等…)に使うと思うんですが、

─今回のこれってバナー版はバナー版で、
プレゼン版はプレゼン版で、
ワザワザそれぞれ別々にイラストとロゴを組み合わせたモノを製作してる─
スンゴク無駄で、トラブルが起こりやすい(←ある意味、このようにズレという間違いが生じてる?www)過程を踏んでて、
意外なアナログ─信じられない手作業に

18

ゴジラもビックリ‼

20

簡単に出来ると思ってたオレ、
意外なトラップに引っ掛かり
手間取りマシタ(笑)

15




FB_IMG_1565465043425

↑が、公式バナーオリジナル

10

んで、↑が俺メイド

と言うワケで
ざっとこんな感じ…しかも発色・彩度も微妙に違って突き詰めてませんが、
自分のスマホ5.5インチ画面でこれを追究するのはトンでも目に負担・時間かかるんで…
カンペキはあきらめました。







38

ニューヨーク・タイムス
「来年は『ゴジラvs.コング』でも、またお会いできますね。
あなたの演じるキャラクターはどのような人物ですか? 」

24

モナークの特殊スーツに身を包んだ姿が公開されているアレクサンダー・スカルスガルドが、 
ニューヨーク・タイムス(10月18日付)での
インタビューにて、わずかですが言及しています。
内容は短く、映画の核心にはまだまだですが、興味深い部分を含んでいます。 

56

アレクサンダー・スカルスガルド
(Alexander Skarsgård / Alexander Skarsgard)はスウェーデン出身の俳優。
2016年の映画『ターザン:REBORN』
(The Legend of Tarzan) で主役を演じました。 

日本では「スカルスガルド」と表記されることが多いですが、発音的には「スカーシュゴード」となり、「スカルスゲールド」と表記される事もあります。

08
68835 (1)

スカルスガルド 
(自分の演じる人物は、) ペリー
ランドール・フラッグよりもずっと好感が持てます」

※ ペリー(・ライト)とは
米TV HBOのミステリー・ドラマシリーズ 『ビッグ・リトル・ライズ』(2017~)での、彼が演じたニコール・キッドマンの夫。 
妻を溺愛している反面、DV夫でもあるという
二面性を持つ。
シーズン2(2019)で死亡。 

ランドール・フラッグとは、
スティーヴン・キングが1978年に発表のホラー小説『ザ・スタンド』(The Stand)を含むキング作品にたびたび出演する悪役
米CBS All Accessミニシリーズとして、この『ザ・スタンド』が製作・2020年に配信。彼が演じる事が発表されている。

35

(vs.コングで演ずる)彼は地質学者であり、
コングと良好な関係(= closely “密接”という意味も)です。

自分がこのキャラクターで気に入ったのは、
彼が臆病な性格で勇敢じゃなく、
リーダーやヒーローになる準備ができてないんです。 
なので彼は、しぶしぶこの冒険に加わります。 

以前自分が演じた役で、割りと気に入っているものに、中東の紛争下での細やかな愛情とダークな作品
 『リトル・ドラマー・ガール 愛を演じるスパイ』(2018年、英BBC One放送のTVミニシリーズ)
そして息子を失った男についての
『ホールド・ザ・ダーク そこにある闇』(2018年米スリラー映画)があって

こうした、かなり集中力を要する役の後だったんで、(このキャラクターをいただいた時は)準備万端・よろこんで!だったんです」

41

以上『vs.コング』でスカルスガルドが演じる
キャラクターについての話しはとても短いものでしたが、ここで明かされた情報─

【地質学者】
【コングと良好な関係】

【臆病で勇敢ではない、
リーダーやヒーロータイプではない。
しぶしぶミッションに参加する】

という事から、物語の背景等について、
多少想像出来る事があります。

すでに公開された撮影現場画像から、
彼がモナークの一員だという事は解りました(下の画像参照。肩パットにモナークエンブレム)が、


35

その役柄は衣装からGチーム的(あるいはGチームのバージョンアップ?)兵士ポジションだろうと思っていたのですが、

地質学者─芹沢博士やマークと同じ科学者?
では以前の科学者グループも、彼のように戦闘スーツ?を着用するようになるのでしょうか?─という疑問が生じました。

しかしここで、彼がコングとの特別な関係があるようなので、
髑髏島に足を運んでいる
モナークの特殊なメンバーではないか?という可能性がありそうです。

38

というのもシリーズ前作
『Godzilla : King of the monsters』
エンドロールにある、様々なニュースソースの中で

42

「空洞地球を探索する
モナーク」 
副題に「モンスターハンターたちは、髑髏島の地下でタイタンたちの起源を探す」
という記事─

ここからスカルスガルドが、
Gチームとは別の
“髑髏島にて空洞地球を探索するモナークの部隊”あるいは
“モンスターハンターと呼ばれる部隊?”に地質学者として参加しているのではないか?との推測も可能では?と思いました。 

なにせ髑髏島は同じエンドロールで言及されているように、

48

「モナークは髑髏島周辺の軍備を強化 :
 巨大生物の島は危うい情勢か?」
なので
その事からも、彼が科学者であっても
戦闘スーツ着用は必要ではないか?とも。 


【追記11/1】
※ 余談ですが、上記ニュースソース副題は原文が
 "Mysterious island becoming unstable?" で、直訳すると「神秘の島は不安定になった?(危うい情勢か?)となり、
"Mysterious island(神秘の島)" はここでは髑髏島のことですが、 
1961年公開の古典的映画SF巨大生物の島』の原題が
"Mysterious island(神秘の島ジュール・ヴェルヌ原作の小説)" である事を思い起こさせるので
「巨大生物の島」と、ちょっとアテ込んで訳してみました(どやぁw)





そしてさらに別のニュースソースで

39

「古代の“空洞地球”人類たちは、タイタンたちと共存していた」 というものもあり、
モナークが空洞地球(HOLLOW PLANETS=日本では “地球空洞説” として知られる)の
入口があると云われる髑髏島へ、
地質学者であり、
コングと良好な関係を築いている彼を派遣し、
遺跡調査を命じているのでは?と思ってみました。

50

そして彼のコングとの良好な関係性ですが、

先にロシアのシネマエキスポ(9月18~20日)で公開されたトレーラーを観た人による

33

(スカルスガルドの演じる)キャラクターは悪役みたいでした」という感想と
彼の過去に演じたいくつかのキャラクターから、
スカルスガルドの悪役説は可能性を感じてしまう向きもありますが、

しかしシリーズ前作『Godzilla : King of the monsters』のトレーラー等で、
ミリー・ボビー・ブラウン演じるマディソン
(下の画像上段)が、

31

同じミリーの演じる
『ストレンジャー・シングス』での超能力少女
イレブン(上画像中段)─画像の第2シーズンでのヘアスタイルと衣装なんか、今見るとモロにマディソン的w
そして日本の平成ゴジラシリーズ超能力少女 
三枝未希(同画像下段)、

─この二人のキャラクターから一部のファンが、
「ひょっとしてマディソンも超能力少女?」と期待してしまった、
製作会社の楽しいミスリード戦略
(お遊びw)を、今回も仕掛けてくる可能性も─

00

それによって一見悪役のように思えてしまったスカルスガルドですが、実はコングと仲のよい、真にモナーク側の人間では…

という展開もあるかな?と。


以上インタビューは短く、一見当たり障りのないものに見えますが、
そうしたいくつかを(これも妄想範囲ですがw)
考えてみました。
今後の情報公開がまた楽しみです。

54











↑このページのトップヘ